性感染症の検査キット


性感染症を検査する医師

性感染症の検査について

性病かも・・・特に風俗や、夜遊びをしていなくとも、不安に思う人はいると思います。

男性ならとくにそうでしょう。しかし、性病かどうか確かめるのにも、まず何からはじめればよいのかわからない。そういう人に読んでいただけたらと思います。

この記事で、ひとりでも多くの人が、性病の苦しみから解放される事を願っています。

何科を受診すればよいか

男性の場合は、泌尿器科を受診しましょう。

男性の性感染症は、泌尿器科でなおせるケースがほとんどです。

医師には、陰部を見られるので、かなり抵抗がある人もいると思いますので、自分で検査する検査キットなども市販されています。

(参考:性病検査キットの紹介)

女性の場合は婦人科で精度も信頼性も病院と同じで一週間ほどで検査結果が出ます。

性病によって異なる検査方法

HIVエイズは有名ですが、血液検査でなければ、わかりません。

クラミジアなどは、尿道の検査となるので、尿を検査して調べる形になります。

淋病なども同じです。

まとめてすべて調べる事は出来ませんので、ひとつひとつ、その病気に沿った検査方法をとる必要があります。

泌尿器科や婦人科で対応できない場合、あまり聞きなれないですが、性病科というのもありますので、はっきりと答えが出ない場合は、そちらも受診してみても良いかもしれません。

性病検査における注意点

まとめると、市販されている検査キットでの性病検査は、手軽ですが、正確な結果が出ないので、おすすめする事は出来ません。

正しく性病を対処せずに放置しておくと、パートナーの問題にもなります。

自分だけの問題では済まされないので、十分な注意が必要です。

性病というのは、あまり公にならないために、軽視されがちなのですが、病気によっては死に至るものまでありますので、注意しましょう。

その病気の実態というのは、認知されているかどうかというだけの場合も多いので、正しい知識をつけて、しっかりと治療していきましょう。

性感染症検査キット専門店 宅配ドクターの精度・信頼性・評判・評価

宅配ドクター 性病感染症検査キット

宅配ドクターは性感染症検査キットの専門店です。

検査キットの精度は病院と同じ精度で、郵送により自宅で検査をすることが可能です。

検査できる病気の種類は、HIV感染症(エイズ)、クラミジア、淋菌感染症、梅毒、トリコモナス、カンジダ、のどの淋病とクラミジア、B型肝炎、C型肝炎、HPV、子宮頸がんです。

検査結果は、検体の返送後、1週間前後で郵送で届きますが、インターネットで結果を確認することも可能です。

詳しくは緑