性感染症の予防法


性病を診断する医師

性感染症の予防法について

結局、性病ってどうすれば回避できるのか?という話になると思いますが、やはり、性感染症というのは、正しいセックスをおこなうという事だと思います。それ以外に予防法はありません。

コンドームをつけておけば、良いという問題でもありません。確かに、感染率は極端に下がりますが、それでも、ゼロではありませんし、セックスをすると、必ずキスやオーラルセックスという流れになりますから、唾液からでも感染する可能性は多いにあります。

すべての性病と性感染症に言えるのは、決められたパートナーとだけ、性行為をする事。これ以外に最善の予防策はありません。仮に、そこまで徹底して、性感染症になったのなら、あきらめもつきますし、運命だと受け入れ、奥さんと一緒に歩んでいけるのではないでしょうか。

カンジダなどで言えば、性行為自体をおこなわなくても、体の抵抗力が落ちていたり、疲労した状態が続くとなる場合もあるので、あまりに過剰なストレス環境で生活している人は、まずはその環境を改善する事からだと思います。

思い切って転職してみるのもいいですし、給料が低くても、体にやさしい仕事の方が、大局的見ると、豊かな生活が得られる場合の方が多いと思います。生活水準を落とすのは大変ですが、性病になって、他人にまで感染さしてしまっては、申し訳ないでしょう。

体に異常が現れたら、すぐに病院を受診する事です。クラミジアのように抗生物質で治るものも多く、性病=エイズのような不治の病というのも極端すぎる考えで大きな誤解です。

痒みや、湿疹、黄たんや発熱など、病気によって症状は様々ですが、ほとんどが病気である事を教えてくれるための信号を出してくれています。健康に留意し、性に対して、しっかりとした知識をつける事だと思います。

潜伏期間が長く、症状がわからない場合は、覚悟を決めないといけない場合もあるかもしれませんが、定期的に血液検査や、尿検査などの健康診断をおこない、健康に注意していれば、防げる場合もありますので、日々気を付けておきましょう。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑