市販育毛剤と処方育毛剤どっちがいいの?

市販育毛剤か処方育毛剤かがまずははじめのポイント

コンビニやドラッグストアはもちろん、今ではインターネットを経由して簡単に育毛剤を手にすることができます。多くは医薬品として売られている育毛剤ですが、中には医薬部外品として市販されている育毛剤もあります。

一方、今ではAGA専門クリニックや一般的な皮膚科などでも育毛剤を入手することができます。これらはすべて医薬品で、なおかつ処方育毛剤ということになります。効果がより高いとされる育毛剤には、処方されたものも市販のものも、どちらの種類もあります。

では、市販育毛剤と処方育毛剤では何が違うのかというと、ひとことでいえば、育毛剤そのものではなく、薄毛の治療や予防に対するスタンスの違いということになるでしょう。つまり、市販か処方かは、実ははじめに決定すべき重要なポイントでもあるのです。

育毛剤を使用する目的によって決まる!

たとえば、すでに薄毛が進行していて、しかもやや深刻なレベルにあるという人は、もちろん市販の育毛剤(薄毛治療という意味では発毛剤と呼ばれる種類もある)でも治療が不可能なわけではありません。

ただ、やはり育毛剤以外の、たとえば生活習慣の改善をはじめとするさまざまな医学的所見を参考にしたほうが、より効率的な治療につながります。つまりこのケースでは、市販の育毛剤ではなく、クリニックや皮膚科での治療の延長上で、処方された育毛剤を使用するというスタンスが必要でしょう。

これに対し、市販の育毛剤は、治療というよりはどちらかといえば予防的な意味合いで使用することがベターといえます。というのも、育毛剤の中には、使用することで抜け毛が逆に増えるものもあり、しかもそれは決して悪影響ではなく、改善のプロセスとなる症状だったりもするからです。

薄毛がすでに進行している人が、医師のアドバイスなくそういった状況を招くのは、精神的ダメージがかなり大きくなると想定されます。

ですから、やはり治療を目的とするか予防を目的とするかで、育毛剤の根本的な選び方が異なると考えるべきです。

高校生も育毛剤をつかう時代です!

そもそも育毛剤を使用する目的とは

高校生が育毛剤をつかうというと、驚いたようなリアクションをする人もいます。また、そうした高校生の発想を好ましく思わない大人も少なからずいるようです。しかし、育毛剤はそもそもどういう目的でつかわれるものであるのかをよく考えると、実は、高校生くらいから育毛剤をつかうべきであると、いえなくはないという気もします。

育毛剤は、ともすれば薄毛に悩む人がつかうアイテムであるように感じられますが、育毛とは、あくまでも(今ある)髪を育てるのが本質です。ですから、薄毛になってからでは遅い・・・とは言いませんが、その可能性だってほんとうは十分考えられるのです。であれば、高校生が育毛剤を利用したって、悪いどころか、むしろ歓迎であるともいうべきなのかもしれません。

高校生が使用する育毛剤の注意点

今の時代、高校生ともなると、ある程度大人の身体を持っている人が多いですから、育毛剤による身体的な悪影響をそこまで不安視する必要もないのではないかと、正直そんなふうにも思ったりもします。ただ、やはり育毛剤の中にはかなり強い作用を持つものもありますので、チェックだけはしっかりとしておいたほうがよいでしょう。

まず注意しなければならないのが、アレルギーです。育毛剤に含まれている成分をつぶさにチェックし、アレルギーが起こる危険がある成分を含む育毛剤の使用は絶対に避けるべきです。

また、高校生の場合、あまりにも高価な育毛剤を使用することはできない人が多くなると思います。しかし今は高校生向けの育毛剤も積極的に開発されており、中には月あたり1000円以下で使用できる育毛剤も登場しています。そういった育毛剤を、ぜひ高校生にはおすすめしたいところです。

高校生がオシャレをするのは当たり前の時代です。自分の将来を案じるのは、決して悪いことではありません。ぜひ高校生のみなさんにも、育毛剤を積極的に利用していただきたいと思います。

女性向け育毛剤の選び方

まずは女性向け育毛剤選びの目的意識を徹底する!

男性でも同じことですが、女性が育毛剤の選び方も、やはり女性向け育毛剤を選ぶ目的意識をしっかり持って選ぶことが重要です。薄毛になってしまった男性がどれだけつらい思いをしなければならないのか、多くの人が知っています。しかし女性の薄毛はおそらく男性以上の精神的ダメージを受けるはずです。

だからこそ、女性にとって、育毛剤の選び方には男性以上に慎重を期す必要があるとも考えられます。そのためにも、薄毛を食い止めるための女性向け育毛剤なのか、それとも予防をするための女性向け育毛剤なのか、まずはそのあたりをしっかりと精査してから、女性向け育毛剤の選択に進んでいただきたいと思います。

女性はネット通販での育毛剤の購入がおすすめ!

男性向け育毛剤は、コンビニやドラッグストアに必ず専用のエリアが設けられ、買おうと思えばすぐに買うことができる時代になってきました。もちろん女性向け育毛剤も店頭でみかけないわけではありません。しかし、やはり女性が有人店舗で女性向け育毛剤を購入するのは、正直言ってかなり勇気が必要になるでしょう。

ところが、今の時代はなんといってもネットの時代ですから、女性向け育毛剤はネットで検索すればかなりの数ヒットすることになります。ネットの活用は、女性向け育毛剤の選び方としては、すでに常套的な手段であるといえるでしょう。まあこれは男性向け育毛剤の選び方にも通じるところはありますが。

ネットであれば、どういった育毛剤を選べばよいかといった指針をアドバイスしてくれるサイトもありますので、女性が育毛剤の選び方を知るための大きなヒントになってくれるはずです。そういった面でも、ネットを利用して育毛剤を選んだり購入したりすることは、特に女性にとってはいろいろとメリットがあるといえるのです。

女性だからこそ、育毛剤の選び方にはできるだけ慎重を期していただきたいと思います。

男性向け育毛剤の選び方

男性向け育毛剤選びでも目的意識が重要

男性向け育毛剤は、ドラッグストアにいってもコンビニにいっても、ちょっと店内を歩けば目にしないことはないというくらいに、私たちの間に浸透してきつつあります。もちろんネットを見ても、男性向けばかりではなく、女性向け育毛剤も含めるとかなりの数の育毛剤が宣伝されています。

育毛剤ブームというとさすがに言いすぎかもしれませんが、しかしそういった傾向は、消費者にとって選べるメリットが生じます。と同時に、正しく選ばないと育毛剤の選び方で失敗してしまうリスクを生じるというデメリットもあります。特に男性の場合、女性にくらべると対象商品も多いですから、育毛剤の選び方にはかなり慎重を期さなければなりません。

種類が多いということは、それだけ育毛剤の効果や効能が製品によって異なることを意味します。当然価格の差異もかなり細分化され、コストパフォーマンスに優れた育毛剤を選ぶ選び方が難しくなってきます。そういう時代ですから、まずはどういった目的で育毛剤を選ぶのかを、まずは明確にする必要があります。

何のために育毛剤選びをするのか、その目的意識を再確認して、育毛剤選びを行っていただきたいと思います。

選択基準を明確にして育毛剤を選ぶべき!

育毛剤選びの目的意識とは、どの程度本気で育毛剤に頼った育毛をしたいのか、という部分に尽きます。たとえば深刻な薄毛が進んでいるなら、市販の育毛剤ではなく、クリニックなどの専門的治療を受けるべきです。このケースは、育毛剤の選び方以前の問題です。

多少薄毛が進んできているから男性向け育毛剤を使用したいのか、それとも薄毛を予防するために男性向け育毛剤を使用したいのか、まずはこの点が重要になってきます。これ以上の薄毛の進行を本気で食い止めたいと考えるのであれば、効果が高い男性向け育毛剤を使用すべきです。予防を徹底したいのであれば、予防効果の高い男性向け育毛剤を手に入れるべきなのです。

男性向け育毛剤の選び方としては、上記の点に気を付けていただきたいと思います。

育毛剤はいつから?どんな人が使うべき?

育毛剤を使用する人が急増

育毛剤を使用している人が急増しています。日本人の美的感覚がより研ぎ澄まされてきていることがその理由のひとつですが、それ以外にも理由はあります。それは、育毛剤というひとつの市場が確立され、その種類も膨大になり、宣伝もひと昔前とはくらべものにならないレベルで積極的になっているからです。

しかし消費者にとっては、それが必ずしもメリットにばかりなるわけではありません。種類が多いということは、それだけ育毛剤の選び方が難しくなるということを意味します。そして、それだけ育毛剤選びに注ぐ時間が多くなり、注ぐ神経も繊細でなければならないのです。

効果が高い育毛剤を選べばよいわけですが、種類が多ければ、単に効果が高いのではなく、より高い効果がある育毛剤を選びたいと考えるのが人情です。このあたりの消費者心理は、ともすれば育毛剤に対してマイナスのイメージを植え付けてしまうことも考えられます。

どうすれば効果が高い育毛剤を選べるのか

育毛剤を使用する以上、一定の効果がなければ意味がありません。とすると、効果が高い育毛剤を選ぶ必要があることになります。そのためには、自分の育毛に対する意識がどのレベルにあるのか、あるいは年齢はどうか、予算はどうかといった部分もしっかりと考えながら、育毛剤選びをする必要があります。

今は高校生が育毛剤を使用する時代です。しかし高校生がいきなり高価な育毛剤を使用したいといっても無理がありますし、そもそも効果の現れ方が高校生には合っていないため、それが副作用になってしまうリスクもあります。

ですからまずは、効果はさておき、年齢や値段など、その育毛剤の属性から判断していくことが必要になります。そこから、その育毛剤にどの程度の効果があるのかを検証していくことになります。

効果がある育毛剤を選ぶためには、まずは効果以外の部分でミスマッチな育毛剤を排除することで、絞り込み候補を小さくすることが大切です。