B型肝炎・C型肝炎


肝炎を診断する医師

B型肝炎・C型肝炎について

B型肝炎について

B型肝炎とは、HBVと呼ばれるウィルスの感染によって起こる肝炎の事を指します。国内では、世界的にみると比較的少ない性感染症であり、B型肝炎患者の人口は、国内では130万人なのに対し、世界では3億5000万近くもおり、日本ではあまり見られない病気で、海外から持ち帰ってくるウィルスのようです。

症状としては、けだるさや熱が出たり、黄たんと言った、体が黄色く変色したりする症状があり、男女ともにそれほど症状に差はありません。

他人の飲み物を飲むくらいでは感染しませんが、感染力がかなり強いウィルスなので、唾液やオーラルセックスからも感染します。昔はあったようですが、現在では輸血により、B型肝炎になる事はなくなり、妊婦も、妊婦健診を受診すれば、子供に感染する危険性はなくなりました。

ほとんどの場合、2,3か月で自然に治る病気ではあるのですが、まれに酷いケースでは、死亡してしまうケースもあります。

C型肝炎について

C型肝炎はHCVと呼ばれるウィルスの感染によって起こります。国内でも、多くの人が感染しおり、よく耳にする肝臓の感染症だと思います。肝臓を破壊する病気なので、体にも著しい変化が見られ、症状としては、食欲の低下、けだるさ、疲労感などが伴います。

ほおっておくと、最悪の場合肝がんにまでなってしまうケースもありますので、注意が必要です。症状が似ているので風邪などと軽視してしまう場合もあるのですが、以上のような症状があらわれたら、病院で検査を受け、長期スパンで治療をおこなっていきましょう。

現在は、インターフェロン療法と呼ばれる治療法が開発され、かなりの患者に効果があるとされ、根治の可能性も見えてきました。このインターフェロン療法と、ウィルス除去の治療を長期的におこなっていけば、症状の悪化を防げますし、高い確率でなおす事も、緩和させる事も可能になっています。

性病検査の解説