性感染症の母子感染


最近よくニュースで「妊婦さんのために風疹の予防接種」を受けましょう、と言う話が流れていますね。
妊婦さんに風疹が危険な理由は、胎児に感染する可能性があるからです。

健康な人でも妊婦のときは、免疫力がやや落ちます。
そこで抗体のない状態で風疹にかかれば、発症する確率が高いのです。
そして風疹が胎児に感染し、障害を起こす確率が高くなるのです。
だから、風疹は妊婦本人、周囲の人は感染しないようにと言われているのです。

母子感染は一般的な感染症の他に、性感染症もあります。
性感染症は、セックスなど性行為を通じて感染する病気の総称です。
性感染症が妊娠に悪影響を及ぼす理由は3つあります。

1つめは、ウイルスは体内で病原菌が暴れます。その菌が胎児に感染する可能性があるのです。先に書いた風疹と同じですね。

2つめは、性感染症にかかると、膣から子宮など婦人科系の臓器に悪影響を与えます。
感染した産道を胎児が通って産まれてくるので、その過程で感染します。
新生児感染になるのです。

また婦人科系のウイルス感染は、膣から子宮へ炎症を起こすこともあり、流産、早産の原因にもなります。

3つめは、子供が産まれてからの母乳感染です。
母乳には母親の血液に含まれるウイルスも含まれます。そのため飲んだ子供が発症するのです。

体内感染でよく知られているのはHIV(エイズ)です。血液などを通じて感染する病気で、
免疫機能が失われていく大変怖い病気です。
まず本人が自覚する必要があります。最近は保健所などで名前を伏せて検査が出来ます。
ぜひ受けておきましょう。

また既にエイズにかかっている人は、早めに投薬治療を開始すれば、ある程度普通の生活が送れますし、妊娠、出産も可能です。
母子感染の確率を下げる方法が出てきているのです。

また性器ヘルペス、クラミジア、などは身近な性感染症です。これらは体内感染、
産道感染両方の可能性が高いです。
かかってしまった場合は、産道感染の防止のために、帝王切開を選ぶという手もあります。

この他にも、梅毒、淋病などがあります。
性感染症は、妊娠前に検査をして治しておくのが理想です。また妊娠中に感染しないようにすることも大事です。

出産に対して、健康状態をしっかり確認して調べておくことが、親の務めの第一歩です。

性病検査の解説